スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

関西・中部ラウンドの後枠とまとめ。

長いこと続いていた関西・中部ラウンドの最終回です。
さっさとやっつけちゃいましょうね。
一応「お決まり」という事で後枠分も撮影・編集したのですが、
別に何も面白いこと言ってませんし、映像も大概です。

まぁ、あくまで「お決まり」って事で貼っておきます。
見る価値は…ないと思いますが。。。


http://www.youtube.com/watch?v=dhBxXJrgVI0

それでは今回の旅のまとめです。

・日時:2010年12月31日~2011年1月3日

・行程
1日目:名古屋→宇治川→信貴山→大和平原→東大阪 泊
2日目:東大阪→箕面滝→長浜 泊
3日目:長浜→琵琶湖→長良川→名古屋 泊
4日目:名古屋→蒲郡海岸→豊橋

・到達地点数
日本百景:4
日本新八景:0
日本二十五勝:3

残り⇒76箇所

当初の予定では「若狭高浜」「保津川」「養老滝」も行程に含まれていたのですが、
雪の影響で急きょ除外に。
結果4日間も費やして7箇所しか巡れないという何とも不甲斐ない旅となりました。


で、次回からは新編集ソフトを駆使した
若干マシな編集映像
でお送り致します。
ホントに「若干マシ」な程度ですけどね。
映像の劣化もさせないので見栄えも多少はよくなるカモ?!

次回はラウンドではなく単発で「尾瀬沼」をご紹介します。
お楽しみに☆
スポンサーサイト
[ 2014/01/07 19:00 ] 第8旅 関西・中部ラウンド | TB(0) | CM(-)

蒲郡海岸(日本百景no.52)

行程の最終日、午前中は名古屋城を散策です。
お正月なのに大盛況の名古屋城。
どえりゃーがや。いや、マジで。

あ、全然関係ない話なんですが、私にとって名古屋の方言は
ニコチャン大王がイメージの全て。
かつて名古屋出身の知人に
「あんな"みゃーみゃー"言ってない!」
…と叱責されましたが、確かに現地でも全く聞く事はありませんでした。残念。

そんでもって午後は本来の目的地である蒲郡へ向かいます。
名古屋に来たからには名鉄に乗ってみたかったのですが、
どうやら名古屋~蒲郡間の移動はJRの方が適しているとの事。
これまた残念。

蒲郡駅を出て大型スーパーを通り過ぎるとそこはもう海でしたとさ。
なんて楽チンな日本百景!!素敵です。

それではまず映像をどうぞ。
日本百景の蒲郡海岸です。


http://www.youtube.com/watch?v=BVqLrxPALKs

それでは解説を。

蒲郡は三河湾と三方の山に囲まれた「鎌倉的」な街です。
日本百景となっている蒲郡海岸を含めて三河湾一帯が国定公園に指定されていて、
古くからマリンレジャーで栄えた中部地方有数のリゾート地なのだとか。
自然景観と海水浴と温泉、取り敢えず日本人の好みそうなレジャー要素は界隈に大体あります。
なんという贅沢。

その割にはあまり活気が感じられないなぁ…というのが率直な感想でして、
駅前は閑散としていましたし、
大型スーパーも少し寂しい感じでしたし、
「蒲郡海岸」であるだろうと予想していたエリアは港として整備されちゃっていましたし…

あれ?もしかして蒲郡海岸てココじゃなかったんか?

ちょっと不安になってきた。

あーでも一応映像に補足しておきますと、
撮影した蒲郡港からの映像にチラッと映っている島が竹島で、
その小島へはなんと約400mもの長さのある竹島橋でアクセスできます。
ちょっとした海中散歩の様相。

その竹島よりも更に沖合には三河大島があって、
売りはなんと「無人島で海水浴」なんだそうですよ。
こりゃ魅力。

蒲郡駅から東へ少し行くと「ラグーナ蒲郡」というリゾート施設もあります。
ここは経営が上手くいっているのかいないのか、
完成したのかまだ開発途中なのか、
名前ばかりが先行してイマイチ実態がよくわからないんですが…
まぁ営業はしているみたいです。
勝手に宮崎のシーガイアみたいな印象を持っちゃってます。ごめんなさい。

んで、結論として「蒲郡海岸」が日本百景に選定されたのはきっと
三河湾国定公園の海を中心とした自然景観とマリンレジャー
っていう複合的な評価なのでしょう。多分ね。

これでやっとやーっと関西・中部ラウンドの全行程終了です。
次回記事で後枠をやって、長々と更新→放置→更新…と続いたこのラウンド連載も終わりです。。。

過去の旅を振り返るのはシンドイ…。

続く。

↓ポチッと押してやってください。
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
にほんブログ村 動画紹介ブログ 旅行動画へ

↓このblogの見どころを大解剖?!
blogram投票ボタン

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 関西・中部ラウ­ンド(日本­百景­+3­3巡り) を表示
撮影場所:蒲郡港
駐車場:停め放題ですが…停めてよかったのかな。
備考:間近で船見れます…停めてよかったのかな本当に…
■□■□■□■□■□

↓「@r_uem blogみたよー」とつぶやいてみてください。フォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手もご一緒にいかがですか?
[ 2013/10/28 20:07 ] 第8旅 関西・中部ラウンド | TB(0) | CM(-)

長良川(日本二十五勝no.14)

滋賀県の長浜を出発し、凛としてそびえる名峰伊吹山をかわし、天下を分けた関ヶ原を越え、
やって参りましたのは岐阜県。

当初の行程では養老の滝へ向かうハズでしたが、
先々日からの雪の影響にすっかり怯えた私たちは少しでも危なそうな箇所は回避すべしと逃げ、
結果、迷うことなく長良川へと進んだのでした。

撮影箇所に選んだのは長良川の下流、大垣市にある墨俣一夜城付近。
長良川の地理と歴史で代表的なところです。
きっと何か素晴らしい景観が撮れるであろう…と息巻いて撮影したのです。

そのお粗末さたるや…まぁ見てみて下さい。
岐阜県にあります日本二十五勝、長良川の風景です。


http://www.youtube.com/watch?v=HsBjuH_1eRE

それでは解説です。

今回の地「長良川」と、長野ラウンドその2で訪れた「木曽川」、更に「揖斐川」は
3つ合わせて「木曽三川」と名付けられています。
この木曽三川はそれぞれ濃尾平野に流れ込み、伊勢湾へ注がれます。
山があって、川があって、平野があって、海がある…という、地理の授業のお手本のような場所ですね。

そんな長良川。
中部地方以外の人にとっては正直ちょっぴりインパクトが弱い感も否めません。
なんというか…地味というか…それがまた岐阜っぽいというか…。

なので幾つかピンときそうなものを挙げてみますね。
まずは映像でも紹介した墨俣一夜城。
豊臣秀吉が一夜にして中洲に築いた城だと言われています。
実際は櫓のようなものであったと聞いていますので、映像のお城はただの建築物なのですが。。。

それと金華山&岐阜メモリアルセンター。
Jリーグディビジョン2に所属(2013年現在)するFC岐阜のホームスタジアム「長良川競技場」は
この岐阜メモリアルセンターにあるのです。
岐阜駅からシャトルバスに乗ると金華山の横を通って長良川を渡り、河川沿いのスタジアムへ到着します。
ちょっとした観光気分も味わえますね。

貧乏旅行界のエースといえば東海道線の夜行列車「ムーンライトながら」。
この「ながら」は長良川からとっているんですよー。
僭越ながら、の「ながら」ではないのです!

あとは長良川の観光で忘れちゃいけないのが鵜飼です。
鵜に魚を食わせて吐かせて横取りしちゃう…という若干シリアスな狩猟方法ですが、
伝統的な文化の1つなんですよ。
そんな鵜飼が見れちゃうのが長良川。ね、素敵でしょう?

何だか長良川の良さを正しく伝えられているのか分からなくなってきましたが、
とりあえずここら辺で。

次回はこのラウンドのラスト、愛知県の蒲郡へ向かいますよー。

続く。

↓ポチッと押してやってください。
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
にほんブログ村 動画紹介ブログ 旅行動画へ

↓このblogの見どころを大解剖?!
blogram投票ボタン

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 関西・中部ラウ­ンド(日本­百景­+3­3巡り) を表示
撮影場所:墨俣一夜城前の堤防
駐車場:有り。
備考:意外と交通量多めです。
■□■□■□■□■□

↓「@r_uem blogみたよー」とつぶやいてみてください。フォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手もご一緒にいかがですか?
[ 2013/09/22 23:49 ] 第8旅 関西・中部ラウンド | TB(0) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。