スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北東北ラウンドの後枠とまとめ

まずは後枠からご覧いただきましょう。
今回のラウンドの感想やら次回予告やらをブツクサ喋っています。



気仙沼で撮った映像の続きみたいなモンでしたね。
一応後枠として、最後までご覧くださった方々への感謝の言葉を述べたかったので。

まとめは下記の「続きを読む」よりどうぞ。
走行距離がハンパないです…。

スポンサーサイト
[ 2010/10/05 01:27 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

気仙沼湾 (日本百景no.7)

高田松原から気仙沼へ。
国道45号線を30分程度南下すればすぐ気仙沼の町並みに飛び込めます。
これまた迷いようがありませんね。

気仙沼は鎌倉や長崎のように三方を山に囲まれ、一方に海が広がっています。
当然海沿いの狭い平野部に市街が凝縮されていて、観光エリアはコンパクト。
鉄道も市街地を突っ切れないので大きく迂回していて、
市の名を配した気仙沼駅は市街地より少し外れた山側にひっそりと佇んでいます。

何と言っても気仙沼といえば漁港。
フカヒレ、サンマ、マグロ、カツオ、ウニ、ホヤ等々。
日本でも有数の水揚げ量を誇ります。
寄港する漁船も日本全国から集まります。
港で漁船の所属を見てみると北海道から九州まで様々。
漁船を眺めているだけでも一日過ごせそうなほど多様な漁船が停泊しています。
街にスナックやらラウンジやらの昭和臭いネオンが多いのは
漁師さん達を迎える漁港の町ならではの光景といえるかもしれません。

では、映像をご覧ください。
途中で船舶コレクションを挿入しておきました(乗り物好きなもので…)。


[test:携帯端末用]http://m.youtube.com/watch?v=5ggi7M0T2vQ

[ 2010/10/04 20:29 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

高田松原 (日本百景no.6)

猊鼻渓から陸前高田にある高田松原まで。
地図上ではほぼ真横の海沿いに位置します。
国道343号線で一本、これでは迷うほうが難しいというもの。

車内では「とある噂話」の真偽について話し合いが行われていました。

とある噂話の出所は、同行者ナス氏の友人。
その友人は高田が地元で、ここら辺の地理や歴史にそれなりの見識があるのだそう。
そしてその友人によると「国道343号線にかかるループ橋は自殺の名所」、との事。
山間部で民家もなく、国道とはいえ夜になると車もロクに来ない。
ポッカリと空いた森の口に張り出すループ状の橋。
夜であれば暗くて天と地の境すら曖昧になる…となれば、飛び降りるにはちょうどいい。

んんん…さて、そんな感じの悪い橋を渡って行くのか…と思うとあまり気が進まないもの。
「死に急いだ者が最後に見た景色」を共有するというのは…いやぁ何とも。

まぁそんなこんなで話し合いの結果は映像のあとに。
まずは日本百景の景色をご覧ください。高田松原です。


[test:携帯端末用]http://m.youtube.com/watch?v=POuQHuAtVi0

[ 2010/10/04 03:00 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

猊鼻渓 (日本百景no.5)

宮城県の石巻から岩手県の猊鼻渓まで。
猊鼻渓では16時発の観光舟で川下りの予定です。

当初のルートでは石巻から三陸道で北上し、登米から国道342号線で一関へ。
更に県道で猊鼻渓へと行く計画でした。
googleマップによる所要時間予測は2時間半。
13時に出発して16時までに到着すればいい訳ですから、まぁ間に合うだろう、と。

問題が発生したのは登米で、三陸道から一般道に降りて国道へ向かう道の途中。
今回は助手席ヒューマンナビゲーションシステムでしたから、
道路マップと現在地は連動しません。
要するに助手席の腕次第。
そしてその席に鎮座する同行者ナス氏、現在地をロスト。

曰く「ここどこだよマジで」。

いやいやいやいや、ここ登米だよマジで。

「知ってる」「で、何がどうした?」「国道がねぇ」「んなこたねぇ。探せ」「無理」
「は?」「今どこ走ってんの?」「だから登米」「じゃ、次のT字路どっち曲がんの?」
「それ調べんのがナビの仕事だろ」「無理」「無理ってなんだ?死んでんのか?」
「生きてるけど現在地はわからん」「もーいーよ、看板に書いてあんだろ」
「それ名案」「うん、もう黙れ」「おいナビに悪態つくな」「・・・」

で、T字路直前に看板登場です。
そしたらなんと、右折しても左折しても「一関」としか書いてない・・・。
この看板、意味なくね?…と2人して唖然。

そんなこんなで無事に到着。さて、間に合ったのでしょうか。
映像をご覧ください。


[携帯端末用]http://m.youtube.com/watch?v=jjQNwZ0Zh5Q

[ 2010/10/03 01:59 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

石巻海岸 (日本百景no.8)

寝坊して遅れた時間を取り戻すべく、寄り道せずに石巻へ向かいます。
宮城県にお邪魔しているのに、仙台を避けて通る異端者。
お昼は仙台で牛タン…なんて思っていたのですが、おあずけです。

そして石巻海岸。
海岸といってもビーチのようなところではなく、港のような所です。
港湾整備がされているので、「自然の美しさ」とは違う景観が欲しいところ。
そこで、港を展望できる高台からの景観を撮影する事にしました。

では映像をご覧ください。石巻海岸です。


http://www.youtube.com/watch?v=npY0P-bDNyI

[ 2010/10/01 15:14 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。