スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北海道ラウンドの後枠と札幌観光とまとめ

北海道ラウンド、最終回です。

目的地は5箇所だったので連載回数も少なかったですが、
恐らく今までの百景旅では一番の予算をつぎ込んだラウンドでした。
移動距離もかなりありましたし、雪まで降ってくれたので、
ネタの尽きない大ボリュームな行程となりました。

まずは最終日の札幌観光と後枠をご覧ください。
前日の雪が所々残っていて、ちょっとだけ冬の雰囲気です。



まとめは「続きを読む」からどうぞ。

スポンサーサイト
[ 2011/01/10 16:19 ] 第5旅 北海道ラウンド | TB(0) | CM(-)

狩勝峠(日本新八景no.1)

層雲峡から十勝を経由して狩勝峠へ向かいます。

日本百景、二十五勝、新八景と巡っていますが、純粋に「峠」としてのポイントはここだけ。
観光地という趣の場所ではなく、交通の難所としかイメージできません。

実は「日本三大車窓」というものがありまして、それに(旧)狩勝峠が含まれています。
これは列車から見た景観の優れているポイントが選出されていて、
根室本線のこの区間では車窓から十勝平野を一望できたようです。
現在の根室本線は新ルートで走っているので、かつての展望は失われたまま。
日本百景その他が選出されたのは昭和2年と随分古いので、
この狩勝峠というポイントは
「根室本線の旧狩勝峠を車窓から楽しむ」
というのが正解なのかもしれません。
ただ、根室本線が別ルートになってしまった今となってはそうもいきません。
という事で、何故か秋なのに雪が舞う狩勝峠に車で向かうのでした。

それではご覧頂きましょう、日本新八景の狩勝峠です。
雪どころの騒ぎじゃない地獄絵図です。


http://www.youtube.com/watch?v=RGcVdl8hQQc

[ 2011/01/06 20:06 ] 第5旅 北海道ラウンド | TB(0) | CM(-)

層雲峡(日本百景no.1)

北海道ラウンド、2日目です。
旭川を出発してまずは層雲峡へと向かいます。

昨晩どうやら雪が降ったらしく、市内を走っていると所々に残雪が確認できます。
山の方はちょっとした雪化粧。
一応スタッドレスタイヤですが、やっぱり東京人には心配なのです。
同行者のナス氏は宮城県民、東北なんだし雪道は慣れたモンだろうと期待するものの、

「いや、ウチの方は雪とか滅多に積らないし。一度事故った事あるから雪道はパス。」

と東北の面汚し的な態度に驚愕。泣きそう。

とはいえまだ10月。雪と言えども微々たる程度でしょう、と信じてドライブ再開。
高速に乗り、トンネルを抜けるとそこは白銀世界でしたとさ。

早速受難。

では、ご覧ください。層雲峡です。
景観は北海道随一だろうと思いますよ。


http://www.youtube.com/watch?v=fIjpaQy3gTU

[ 2011/01/05 15:16 ] 第5旅 北海道ラウンド | TB(0) | CM(-)

登別温泉(日本百景no.3)

洞爺湖から登別温泉へ向かいます。

私が旅の行程を作成する際に参考にしている地図帳によると、洞爺湖と登別温泉はお隣さん。
相変わらず楽観的に考えていたので、この区間の移動は「余裕じゃん」、っと…。

っと…。

っと…。

実際はもう何と言うか。

時間とか距離とかじゃないんです。過酷です。
北海道、怖い。
登別にたどり着ける気がしない…。

では、とりあえず映像をご覧ください。


http://www.youtube.com/watch?v=tcDuGnyTY3o

[ 2010/12/26 21:31 ] 第5旅 北海道ラウンド | TB(0) | CM(-)

洞爺湖(日本百景no.2)

大沼から次の目的地、洞爺湖へ向かいます。

山間部にある湖沼というのは火山の影響を受けて云々…といった由来があるようで、
その点で言えば大沼も、はたまた今回ご紹介する洞爺湖も、前述の例に違わずの由来なのだそうです。
そして洞爺湖はカルデラ湖とのこと。

近隣には活火山として有名な有珠山、その側火山である昭和新山があります。
この有珠山、100年で4度も噴火したという「やる気満々」の実力派。
一方、子分である昭和新山は平地の畑から突然火山隆起して出来たという逸話を持つ個性派。

私の記憶にあるものですと有珠山の噴火というのはごく最近だったようにも思えるのですが、
どうやら2000年4月と実は10年も前だったのですね。
それにしたって100年で4度も噴火って…北海道、恐るべし。

どこから噴火が起こるかわからない地獄のような場所(失礼)にある天国のような佇まいの洞爺湖です。
それではご覧ください。


http://www.youtube.com/watch?v=gjSytQ-Lpe4

[ 2010/12/25 16:59 ] 第5旅 北海道ラウンド | TB(0) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。