スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東日本における巨大地震についての募金活動記事



日本赤十字社 http://www.jrc.or.jp/

義援金・募金募集活動についての元記事(Happy Camel様=ラクダのブログ)
http://japanesecameleer.blog28.fc2.com/blog-entry-523.html

ご協力宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
[ 2011/03/13 17:00 ] その他 | TB(0) | CM(-)

菅沼(日本百景no.22)

ご無沙汰しておりました。
バカが珍しく風邪をこじらせまして。
回復を待ちましての更新再開でございます。

前日赤城山から沼田市へ向かって一泊、今日は沼田からまずは日本百景の菅沼へ参ります。

沼田街道をひたすら栃木県方面へと進みます。
途中『東洋のナイアガラ』と掲げられた看板に惹かれ、吹割の滝へ。
朝から大自然を堪能し、眠気も覚めたところで本来の目的地、菅沼へ到着です。

それでは映像をご覧下さい。吹割の滝と菅沼の様子です。
どちらがメインかわからない構成になってます…。


http://www.youtube.com/watch?v=3tT3ShP5fDM

それでは解説です。
沼田街道(国道120号線)を沼田から出発し、老神温泉を通過してすぐに現れるのが吹割の滝です。
あちこちに「東洋のナイアガラ」の看板を見ることができるので、まぁ間違いなく見落とす事はありません。
駐車場はお土産屋さんと一体型の「昭和式」で、駐車料金自体は無料なのですが
「土産屋で何か買ってくれるなら駐車していいよ」というシステム。
実質有料です。
ちなみに私はクソ寒いにも拘らずソフトクリームを購入。
店員さんに「寒い?大丈夫?」と心配されるほどブルブル震えながら頂きました。

渓谷内に鑑賞できる滝は2つあって、下流側に「鱒飛の滝」、上流側に「吹割の滝」があります。
鱒飛の滝の方はコースが滝の上部にあるため、下から仰ぎ見るのではなく上から覗き込む感じで鑑賞します。
水量が多いので飛沫が霧状になって超マイナスイオン地帯。
吹割の滝は「東洋の(以下略)」だけあって一般的な滝とは構図が異なりインパクト大。
本家とは比べものにならないくらい規模は小さいですが、
「ナイアガラ」に拘らなければ随分と見応えのある滝です。
吊り橋は評価に至らず。ただの橋です。

で、菅沼へ。
片品村を越えた付近から次第に山岳道路の様相を呈してきます。
暫く丸沼の景観を楽しんだのち、次に現れる沼こそ日本百景の菅沼です。
眼下に広がる菅沼の様子はエメラルドグリーンが映えてただただお見事。
ドライブが苦になりません。
しかし如何せん観光地化されていないので近寄りすぎてしまうと大自然に覆われてしまいます。
駐車場すら見当たりません。マジか…。
どうにかキャンプ場を見つけるも、なんだか菅沼へは大分距離がありそうで断念。
結局国道沿いにどうにか1台分くらい停車できる箇所を探して、そこから自然を掻き分けて奥へ。
それで撮ったのがあの木々に遮られた悲惨な映像です。

さてお次は国道を更に進んで金精峠を越え栃木県へ突入です。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
人気ブログランキングへ

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 群馬・栃木ラウ­ンド(日本­百景­+3­3巡り) を表示
撮影場所:湖畔の大自然に囲まれて…
駐車場:ありません。いや、見落としただけか?
備考:定点で見るのは難しいです。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
[ 2011/03/08 20:05 ] 第6旅 群馬・栃木ラウンド | TB(0) | CM(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。