スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花巻温泉 (日本百景no.4)

一関を出発して、まず向かうは花巻温泉です。
東北道を使い約30分で花巻ICへ。
ちなみに、ひとつ手前に「花巻南IC」がありますが、温泉街に行くには花巻ICが最寄りです。

車窓左側の太陽に「沈むな、まだ沈むなよ…」と呪いの様にブツブツつぶやきながら、
どうにか日没直前に滑り込みました。
ICから約10分、車でのアクセスはすこぶる良好な立地の温泉街です。

それでは映像をご覧ください。


http://www.youtube.com/watch?v=VC_ikPUQaN4


まず、正直な感想として規模が物凄く小さいんだなぁ、ということ。
とても立派で豪華さを感じさせる温泉旅館(ホテル式)が4つ、山あいにドーンと並びます。
それを繋ぐように道路と駐車場が整備され、更に温泉街の入り口として門を設けています。
とても機能的で無駄のない温泉街なのですが、それ故こじんまりとした印象を持たせてしまうのも確か。
小さな旅館が乱立している温泉街をイメージしていたので、少し拍子抜けしちゃいました。

私は熱いお湯が苦手なので、温泉に行っても湯船に浸からない偏屈人間でして、
そうなると温泉旅行の楽しみといえば食事だったり部屋だったり街遊びだったりするのです。
この花巻温泉では「街遊び」に関しては出来そうもありませんでした。
そのかわり4つある大きな旅館はどれに泊まっても優雅な温泉ステイが出来そうな風貌でしたよ。

ちなみに花巻市街までは結構距離あります。

さて、翌日は十和田湖からスタートという事で、この日は青森県の十和田市で一泊します。
花巻ICから東北道→八戸道と走り、下田百石ICから国道45号線で十和田市街へ。
途中、六戸の道の駅で突然ライトアップされた古民家に遭遇して思わず撮影しちゃいました。
インパクトだけは物凄いです。なぜライトアップ?
ちなみに古民家の詳細を記した看板にはカエルと虫が群生していて解読困難なため詳細は不明です。

次は十和田湖に参ります。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ/

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 北東北ラウンド(­日本百景+­33巡り) を表示
撮影場所:花巻温泉バス停
駐車場:広大な駐車場有り。無料。
備考:花巻温泉の門をスルーすると隣の台温泉になってしまうので注意。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/15 15:00 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/19-40dea61c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。