スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

十和田湖(日本新八景no.2)

十和田市街のホテル、朝5時半。
昨夜、同行者のナス氏に「寝坊だけは厳禁」ときつく言われギリギリ目覚めた私。
TVの天気予報は「晴れのち曇り、所により雨」。

早朝に出発したかった理由、それは早朝の混雑していないうちに奥入瀬渓流を楽しみたかったから。
中学時代に散髪をしていた床屋さんの壁がこの奥入瀬の柄でして、
角刈りにされながら「いつかこの写真の場所に行ってみたい」と思っていたものです。

天気は小雨。
天気予報の「所により」に含まれた十和田地方。
それでも気持ちは奥入瀬渓流へと急かします。
もう十和田湖がオマケなのか奥入瀬がオマケなのかわからない始末。

それではご覧ください。悪天候の奥入瀬と十和田湖です。


http://www.youtube.com/watch?v=H5WkfFlT3Yk


奥入瀬渓流は川に沿って観光コースが出来ているので、比較的歩きやすいです。
併走する道路を走り車窓から眺める事も出来ますが、やっぱり多少は水際まで寄って楽しみたいものです。
この日は天気が悪かったのでポストカードのような光景とまではいきませんでしたが、
天気にさえ恵まれれば素晴らしい光景が次々に迫ってくる渓流コースでしょう。

駐車場等は湖側ではなく温泉街側の観光センターにあります。
そこからバスを利用しながら移動すれば体力に自信がなくても見どころを押さえる事ができそうです。
観光バブルがはじけた今でもきちんと観光客を迎える環境が維持されている観光地というのは稀少です。
とても素晴らしかったですよ。

さて、一応メインは十和田湖。
前回、今回を通じて初めての日本新八景です。
133箇所巡りの中では最上位クラスの1つなのですが…大雨で大雨でもう…。

とりあえず乙女の像を目指して奥入瀬から湖の対岸へと進みます。
湖畔にはテニスコートやらグラウンドやらが点在していて、何だか富士五湖のよう。
観光ホテル等で栄えているエリアは湖に突き出している中山半島の付け根にあります。
そして乙女の像はそこから歩いて10分程度湖畔を進んでいった「何もないところ」にポツンと。
思わず「…えっ?これ?」となります。ホント突然現れるので。

そして撮影です。
ドシャ降りの中で、どうにかカメラを濡らさないように。

ちなみに乙女の像まで車では近づけそうにないです。
私はびしょ濡れになりながら歩いて後日風邪気味になりました。
朝の天気予報ってなんだったのだろう。

さて、そんな訳で次は山を下って日本海側へ抜けます。
目指すは大館の鶏めし…いや、男鹿半島でございます。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ/

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 北東北ラウンド(­日本百景+­33巡り) を表示
撮影場所:乙女の像
駐車場:近隣の観光ホテル街に駐車場または駐車スペース有り。
備考:結構歩きます。整備された歩道ですが足元注意。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/16 16:45 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/20-d7d9fc57










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。