スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青根温泉(日本百景no.9)

とにかく「やらかした」のです、朝。
同行者のナス氏、朝から憤慨しています。
当たり前ですね、私の寝坊により待機ですからね。
予定時間を1時間ほど遅れた訳ですが、このたった1時間が後々致命傷になってしまいます。
それはまた別の記事で判明するので、お楽しみに…(?)

まぁ、とりあえず今回のラウンド最終日、山形市街よりスタートです。

山形道で笹谷越えし、宮城川崎ICで降りて国道457号線へ。
30分程度で小さな集落に辿り着きます。そこが青根温泉です。
田舎の小さくて素朴な温泉町の雰囲気…というかただの集落のような佇まい。
日本百景にしてはあまりに規模が小さいので、正直困惑します。

ではまずは映像をご覧ください。青根温泉です。


http://www.youtube.com/watch?v=7075NV4vO4A


…古関PAでの眠そうなナレ、我ながらヒドイ声…。
どうりでyoutubeの閲覧者が増えない訳だ…。
ま、単純に人気ないだけでしょうけど。

さて、青根温泉。
温泉の公共浴場として「じゃっぽの湯」という施設があります。
ここ数年で出来た建物らしく、外見はキレイで入りやすい雰囲気です。
駐車場の車は宮城ナンバーばかりでしたので、恐らく地元の方々が気軽に訪れる温泉なのでしょう。
観光地のような派手さも立派さもありませんが、
「地元の方々に愛されているなぁ」と感じられる温泉というのは大きな魅力だと思います。

そして、国道沿いに少し坂を登ると「青根御殿」と呼ばれる湯元不忘閣があります。
「伊達家代々の藩主が泊まった」
…が触れ込みのようですが、私は泊まっていないのでコメントできません。
どなたか利用されたお方がいらっしゃいましたらご意見下さいませ。
建物はなかなか趣もあって温泉風情を感じさせてくれます。

温泉地としては非常に小規模で観光地化されていない印象でした。
もしくは廃れてしまった結果が現状なのかもしれません。
近隣には遠刈田(とおがった)温泉や蔵王温泉といった名うての名泉が存在します。
集客力でそれらに勝る事は出来ないと思いますが、
「何もない小さな温泉」というのは素敵なセールスポイントになりそうです。
名所が名を連ねる日本百景において、箸休めのような青根温泉でした。

次は寝坊の遅れを取り戻すべく、急いで石巻海岸へ向かいます。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ/
人気ブログランキングへ

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 北東北ラウンド(­日本百景+­33巡り) を表示
撮影場所:不忘閣
駐車場:宿泊者用にはある模様。じゃっぽの湯の駐車場は無料です。
備考:付近にコンビニらしきものがありませんでした。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/26 18:51 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/24-8b699450










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。