スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猊鼻渓 (日本百景no.5)

宮城県の石巻から岩手県の猊鼻渓まで。
猊鼻渓では16時発の観光舟で川下りの予定です。

当初のルートでは石巻から三陸道で北上し、登米から国道342号線で一関へ。
更に県道で猊鼻渓へと行く計画でした。
googleマップによる所要時間予測は2時間半。
13時に出発して16時までに到着すればいい訳ですから、まぁ間に合うだろう、と。

問題が発生したのは登米で、三陸道から一般道に降りて国道へ向かう道の途中。
今回は助手席ヒューマンナビゲーションシステムでしたから、
道路マップと現在地は連動しません。
要するに助手席の腕次第。
そしてその席に鎮座する同行者ナス氏、現在地をロスト。

曰く「ここどこだよマジで」。

いやいやいやいや、ここ登米だよマジで。

「知ってる」「で、何がどうした?」「国道がねぇ」「んなこたねぇ。探せ」「無理」
「は?」「今どこ走ってんの?」「だから登米」「じゃ、次のT字路どっち曲がんの?」
「それ調べんのがナビの仕事だろ」「無理」「無理ってなんだ?死んでんのか?」
「生きてるけど現在地はわからん」「もーいーよ、看板に書いてあんだろ」
「それ名案」「うん、もう黙れ」「おいナビに悪態つくな」「・・・」

で、T字路直前に看板登場です。
そしたらなんと、右折しても左折しても「一関」としか書いてない・・・。
この看板、意味なくね?…と2人して唖然。

そんなこんなで無事に到着。さて、間に合ったのでしょうか。
映像をご覧ください。


[携帯端末用]http://m.youtube.com/watch?v=jjQNwZ0Zh5Q


…という訳でございます。
結局、国道に合流はできたのですが、登米付近でうろうろしてしまったせいで時間がなく、
まともに走ったのでは恐らく間に合わないだろう事が発覚してしまったので、
同行者のナス氏が「最短距離で走れば時短になる」と最短ルートを検索。
北上川沿いに北上する、県道なのかそれ以下なのか、とにかく胡散臭い道を見つけて推奨します。
最早悩む時間もなかった為、最短ならばあるいは・・・とナス氏推奨ルートを選択したのでした。

その川沿いの胡散臭い道がまた随分なシロモノでして。

とにかくクネクネ曲がり、路上には小岩やら土砂やらが散乱し、両通なのに幅が1台分もない…
とまぁ罰ゲームのような道。
当然スピードは出せませんね。

そして車内は罵詈雑言の応酬です。
しかし、道があまりに酷過ぎて次第にテンションが異様に盛り上がりまして、
最終的にはウーだのオーだのワーだの騒ぎながら悪路を乗りこなし、
笑いながらお互いを罵り合うという奇妙な空気になりました。
これもまた旅の醍醐味というものでしょうか…?

とりあえず間に合いませんでした。ごめんなさい。

さて、気を取り直して次は高田松原です。
今度は日没との闘いが待っています。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
人気ブログランキングへ

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 北東北ラウンド(日本百景+33巡り) を表示
撮影場所:猊鼻渓レストハウス前
駐車場:船客用駐車場有。無料。
備考:船の運航時間に注意。あと、余裕をもってお越し下さい…。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/03 01:59 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/26-faa55503










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。