スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高田松原 (日本百景no.6)

猊鼻渓から陸前高田にある高田松原まで。
地図上ではほぼ真横の海沿いに位置します。
国道343号線で一本、これでは迷うほうが難しいというもの。

車内では「とある噂話」の真偽について話し合いが行われていました。

とある噂話の出所は、同行者ナス氏の友人。
その友人は高田が地元で、ここら辺の地理や歴史にそれなりの見識があるのだそう。
そしてその友人によると「国道343号線にかかるループ橋は自殺の名所」、との事。
山間部で民家もなく、国道とはいえ夜になると車もロクに来ない。
ポッカリと空いた森の口に張り出すループ状の橋。
夜であれば暗くて天と地の境すら曖昧になる…となれば、飛び降りるにはちょうどいい。

んんん…さて、そんな感じの悪い橋を渡って行くのか…と思うとあまり気が進まないもの。
「死に急いだ者が最後に見た景色」を共有するというのは…いやぁ何とも。

まぁそんなこんなで話し合いの結果は映像のあとに。
まずは日本百景の景色をご覧ください。高田松原です。


[test:携帯端末用]http://m.youtube.com/watch?v=POuQHuAtVi0


高田松原は電車のみでアクセスできる数少ない日本百景です。
JR大船渡線の陸前高田駅から恐らく歩いても10~15分程度でしょう。
前記事で紹介した猊鼻渓も同じ大船渡線でアクセス可能ですが、あちらは船が…(意味深)。

そして、車でも高田松原に隣接して道の駅があります。
もう駅だらけ。観光客、来たい放題。アクセス完璧。こういう所、大好き。

しかも日本百景で海水浴が可能です。当然、夏だけですが。
「おれ、日本百景で泳いできたよ」なんて、あら素敵。
広大な道の駅の駐車場や、恐らくは夏季限定開店であろうお土産屋さんの建物等を見ると、
この地は夏にこそ真価を発揮する類の観光名所なのでしょう。

ちなみに、景観に著しくそぐわない謎のガラス張りの建物がありますが、
どうやらホテルのようです。
ビジホにしては立地が悪いし、観光ホテルにしては風情がない…。
シティホテルには遠く及ばなそうだし、色々と謎です。

さて、前述の自殺の名所。
通った感じ、まぁサラッと普通。特筆することもなく。
で、ドライブがてら散々話し合ったのですが、
わざわざ車に乗ってここまで来て、
しかも車を路肩もない橋に乗り捨ててまで、
こんな所で自殺したいもんか?
…となり、最終的に「自殺の名所」って程でもないだろうという結論に。
念のためループ橋を通る際にDVカメラを回しておいたのですが、
何も映らず、画的にも冴えなかったのでボツにしました。
残念というか、ホッとしたというか…。

ではでは、次回はやっと最後の目的地、気仙沼湾です。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
人気ブログランキングへ

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 北東北ラウンド(日本百景+33巡り) を表示
撮影場所:高田松原 ビーチ
駐車場:道の駅に有り。広大。無料。
備考:夏は海水浴場、花火大会も有り。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/04 03:00 ] 第2旅 北東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/27-49047484










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。