スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東山温泉(日本百景no.16)

阿賀野川から福島県会津地方の東山温泉へ。

日本百景巡り旅を始めて数か月。
いくら慣れたといっても、できることなら回避したい峠道。
なので、新潟と福島の県境は磐越道でスルリとパスします。

時間的な無理は承知で、迷わず喜多方へひた走ります。
何故って、それはラーメン。
ここら辺の決断を見るに、どうも「食欲>日本百景」な感は否めません。

で、喜多方から東山温泉までは混雑気味の下道で。
思っていたより時間がかかってしまい、少し焦りました。

東山温泉といえば。
以前ポスターか何かで見た、橋の奥に温かい光に包まれた趣ある木造旅館の写真。
是非ともそれと同じ画を見たい…撮影したい…となりまして。
果たしてその画は見つけられたでしょうか。

では、ご覧下さい。
福島県の日本百景、東山温泉です。

http://www.youtube.com/watch?v=DV36A2JwEoQ


喜多方ラーメンから。
手元にあった「るるぶ東北」から喜多方ラーメンのお店選び。
とりあえずるるぶが大プッシュしていた源来軒に決めます。
外見に多少躊躇しつつも、空腹に耐えきれず入店。
実は有名なお店だったようで、著名人のサインがペタペタ貼ってあります。
ラーメンは物凄く美味しかったです。特に麺が。モッチモチ。
外見で判断してはいけないという好例ですね、ハイ。

そして本題の東山温泉。
川沿いのエリアと山沿いのエリアに旅館は分かれています。
山沿いの旅館群は…なんというか、バブルの産物っぽい雰囲気がしています。
建物が豪華。
ちなみに高層の施設が建っていましたが、著しく景観を損ねています。
もしあれが宿泊施設なのだとしたら、正直ガッカリ。敢えて確かめませんでしたが。

そういう訳で撮影は情緒溢れる川沿いエリアの旅館群で行いました。
狭い道で両通な為、運転には気を使いますが趣があって素敵なエリアです。
平日だったせいか活気とは無縁でしたが、
それがまた哀愁漂っていて心を揺さぶるのかもしれません。

そうそう、上記の以前ポスターか何かで見た写真の場所。
向龍という旅館と手前の橋でした。
天気も良くないし夕暮れでも夜でもないので温かい光に包まれてもいませんが、
同じ構図で撮影しておきました。
私のような素人が撮っても様になる佇まい。感動です。

さて、次回が今回のラウンド最後の目的地。
猪苗代湖へ向かいます。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
人気ブログランキングへ

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 南東北ラウンド(日本百景+33巡り) を表示
撮影場所:東山温泉の川沿いエリア及び入口付近の看板
駐車場:看板の場所に広大な駐車場有り。無料。その他各宿泊施設にも有り。
備考:上記駐車場から旅館群までは多少歩きます。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/02 14:43 ] 第3旅 南東北ラウンド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/37-142cca3a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。