スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

木曽川(日本新八景no.5)

恵那峡にて。
次は木曽川を離れて天竜峡へ向かう予定でした。
それでふと思い出したのです、木曽川も確かチェックポイントだった筈だ、と。

当然悩む訳です、ここでいいものか。
で、いつか木曽川は愛知県と岐阜県の境にある日本ライン川下りへ行こうと思っていたので、
その地に詳しい同行者の510氏へ日本ラインのほうがいいかなぁ?と聞いたのですよ。

返答はシンプルに、が彼の良さ。
「あの川下り?別に面白くないよ」

以上、ではここら辺で撮影してしまいましょう。
この旅ではずっと木曽川と一緒だった訳ですし、紹介の流れも自然な感じですよね。

ではご覧ください、日本新八景の木曽川です。
画的に恵那峡と大して変わらないのは内緒です。


http://www.youtube.com/watch?v=OclQG8HEDj0


今回は特に書くべきことがみつからないなぁ・・・。
中山道に沿って流れ、様々な名所と見所を作り出し、
地域の人々の生活に恵みを与えてきた自然のありがたみを感じさせる雄大な流れです。
百景でも二十五勝でもなく新八景に選出された所以はきっとそのような事なのでしょう。
愛すべき日本の川ですね。

ついでのようになってしまって木曽川には申し訳ない気持ちです。
寝覚の床、紹介したから許してくれるよね・・・。

さて、次回はこの旅最後の目的地、天竜峡です。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
人気ブログランキングへ

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 長野ラウン­ド その2(日本百景­+33巡り) を表示
撮影場所:なんかよくわからない橋の上(googleマップ参照)
駐車場:なし。橋の手前に1台分くらいの駐車スペース有り。
備考:とても細い道です。大きな車では難しいかも。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/45-ea3d5a32










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。