スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

層雲峡(日本百景no.1)

北海道ラウンド、2日目です。
旭川を出発してまずは層雲峡へと向かいます。

昨晩どうやら雪が降ったらしく、市内を走っていると所々に残雪が確認できます。
山の方はちょっとした雪化粧。
一応スタッドレスタイヤですが、やっぱり東京人には心配なのです。
同行者のナス氏は宮城県民、東北なんだし雪道は慣れたモンだろうと期待するものの、

「いや、ウチの方は雪とか滅多に積らないし。一度事故った事あるから雪道はパス。」

と東北の面汚し的な態度に驚愕。泣きそう。

とはいえまだ10月。雪と言えども微々たる程度でしょう、と信じてドライブ再開。
高速に乗り、トンネルを抜けるとそこは白銀世界でしたとさ。

早速受難。

では、ご覧ください。層雲峡です。
景観は北海道随一だろうと思いますよ。


http://www.youtube.com/watch?v=fIjpaQy3gTU


…はい、では解説を。

まずは道央自動車道、比布大雪PA。
北海道の高速道路は何と言うか味気ない感じでして。
このPAもそうなんですが、軽食や売店などの設備がない所が多いのです。
純粋にトイレ休憩用、というもの。
あまり高速の利用者が多くないからかもしれませんが…。

で、旭川紋別自動車道に入ります。ここは高速規格の一般道(?)で、無料です。
上川層雲峡ICで降りて国道39号線へ…とここで軽い雪道スタート。
自然的にも予期せぬ降雪だったらしく、紅葉のまま雪を被っているという素敵な景色。
暫く運転を同行者に押しつけ、景観を撮影します…が、全く映像では素敵さが伝わらず。
残念。

万景壁ら辺で「もう運転ムリ」と騒ぎ出す同行者。この辺りで途端に雪道は難易度を増します。
渋々交代。畜生。
で、その万景壁。道の両側に迫ってくる壁が圧倒的すぎて魅了されます。
是非ここは車から降りてグルッと見回して下さい。圧巻です。

層雲峡といえば温泉が有名という事で、万景壁の少し先に温泉街が形成されています。
ここからロープウェーも出ていて、黒岳の7合目まで行けるらしいです。
私が楽しみにしていた滝は温泉街よりもっと先。
「滝ミンタラ」というお土産屋さん?観光案内所?で車を降り、テクテク歩きます。
と言ってもすぐ目の前ですが。

壁を見て右側が流星の滝です。こちらは威勢良く崖から飛び落ちている感じ。
その左側にあるのが銀河の滝で、こちらは山の切れ目から山肌を撫でるように流れ落ちている感じ。
どちらも相当な規模の滝で、そう彼方此方にある類のものではありません。
大迫力です。必見。映像では全く素晴らしさが伝わらず無念です…。

さて、次は狩勝峠が目的地です。
一度十勝へ出てからでないと向かえないので、帯広で念願の豚丼を食べよう、と。
ただその前に、行く手に鎮座する三国峠をこの雪で無事に越せるのか…これが一番の心配なのです。

そして狩勝峠。
滝ミンタラの店員さん曰く「あっちは雪降ってないんじゃね?」との事で安心していたんです。
北海道はデカイですから、各地で天気がまるで違うなんて当たり前なんだとか。
果たして私は無事豚丼を食べる事ができたのでしょうか?
そして狩勝峠まで行けたのでしょうか…?

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
人気ブログランキングへ

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 北海道ラウンド(日本百景­+33巡り) を表示
撮影場所:滝ミンタラ付近の散策道
駐車場:有り。無料。広大。
備考:滝ミンタラで是非お買い物を。店員のおばちゃんがすごく面白いです。
30分くらい話し込んじゃいました。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/05 15:16 ] 第5旅 北海道ラウンド | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/53-a33211d7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。