スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

狩勝峠(日本新八景no.1)

層雲峡から十勝を経由して狩勝峠へ向かいます。

日本百景、二十五勝、新八景と巡っていますが、純粋に「峠」としてのポイントはここだけ。
観光地という趣の場所ではなく、交通の難所としかイメージできません。

実は「日本三大車窓」というものがありまして、それに(旧)狩勝峠が含まれています。
これは列車から見た景観の優れているポイントが選出されていて、
根室本線のこの区間では車窓から十勝平野を一望できたようです。
現在の根室本線は新ルートで走っているので、かつての展望は失われたまま。
日本百景その他が選出されたのは昭和2年と随分古いので、
この狩勝峠というポイントは
「根室本線の旧狩勝峠を車窓から楽しむ」
というのが正解なのかもしれません。
ただ、根室本線が別ルートになってしまった今となってはそうもいきません。
という事で、何故か秋なのに雪が舞う狩勝峠に車で向かうのでした。

それではご覧頂きましょう、日本新八景の狩勝峠です。
雪どころの騒ぎじゃない地獄絵図です。


http://www.youtube.com/watch?v=RGcVdl8hQQc


非常に見にくい映像で申し訳ありません。
暴風雪のせいです。本当に立っているのも困難な位でした。

それでは、解説を。
国道39号線でグイグイ登り、大雪ダム湖で国道273号線に分岐します。
層雲峡「滝ミンタラ」の店員さんに散々脅された三国峠、思ったより走りやすかったです。
まぁ当然雪道で霧もすごかったんですけどね。
急カーブとかは無いですし、前後対向どこ見たって他に車いませんでしたから。

で、峠を下りきると今度は恐ろしい位の森に突っ込んでいきます。
ほとんどまっすぐな道をただ黙々と走り続ける感じです。
これがビックリするほど単調でキツイのです。同行者寝てるし。

そしてやっと見つけた「遊び場」が旧国鉄士幌線の幌加駅跡。
士幌線の廃線は遊歩道のように整備されていて、幾つかの橋は歩いて渡れちゃうらしいです。
鉄道ファン必見。
ちょうど国道273号線沿いに士幌線が走っていたようで、途中何度も関連スポットを見かけました。
私、ちょっとワクワクモード。同行者は相変わらず爆睡中。畜生。

やっとの思いで帯広に到着。呆れる程の快晴です。雪も全く無いですし。
何はともあれ豚丼。とにかく豚丼。そのためだけに帯広まで来たのですから。
で、一番有名なお店を調べた結果、「ぱんちょう」さんへ。
あーもーすげー美味い。なにこれ。すげーすげー。
同行者共々「うめーな」「うん、ヤバい、うめー」と言いながら舌鼓。

帯広の快晴に安堵しつつ、やっぱり「滝ミンタラ」の店員さんの予想通り晴れてたね…
なんて言いながら狩勝峠へ走り始めたら…まさかの降雪スタート。

同行者に運転を任せていたのですが、道路が白くなった時点でリタイヤ宣言。
まぁまぁ任せろ、と代わったものの、今度は暴風に苛められ車体がフラフラ。
気付けば誰も走っていない三国峠状態へ。

そして狩勝峠の最高地点へ。どうやら展望台があるらしい。
「い…行く?」「い…いや、車出たら死ぬマジで」「いこーよ」「マジ無理…」
と散々説得したものの、結局私一人で展望台へ。
で、撮影したのがあの全く見えない映像です。
本当にお見苦しい映像で申し訳ありませんでした。

…と、そんな訳で北海道ラウンドはこの狩勝峠で無事(?)終了です。
次回は後枠ついでに札幌観光しましたので、札幌市街の観光名所を幾つかご覧頂きます。
お楽しみに。

続く

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
人気ブログランキングへ

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 北海道ラウンド(日本百景?+33巡り) を表示
撮影場所:狩勝峠展望台
駐車場:国道沿いにある食事処&物産店に駐車場有り。無料。
備考:基本的に晴れている方が珍しい位の所です。悪天候覚悟でどうぞ。
■□■□■□■□■□

↓リフォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手はオマケで…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/06 20:06 ] 第5旅 北海道ラウンド | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/54-7e508e64










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。