スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

裾花峡 (日本百景no.42)

長野市内に前泊しまして、いよいよ観光初日の朝ですね。
とりあえず寝坊したワケです。
前夜ホテルに着いたのが深夜1時過ぎで、6時には出発しようってのがおかしい。

うん、おかしいよ。

いやまぁ予定では日付変わる前に着いている予定だったんです。
しかし同行者のナス氏がPAやらSAを見つける度に「寄れ寄れ」と騒ぎ出しまして。
当然、到着は遅れますよね。
で、このザマです。

まぁまずは取り急ぎ裾花峡へ向かいましたさ。
その映像をひとまずご覧ください。


http://www.youtube.com/watch?v=_4NUggSoKXE



はい、裾花峡でした。
私のナレーション、眠そうでしょう?グダグダでしょう?
ごめんなさいね。

この撮影場所は歩道すらロクにない狭い山道の国道上だったワケですが、
とにかく狭いのに大型車がバンバン通るのです。
しかも高速で。
歩いて橋の上まで行って撮影をしていた時なんて、
真後ろをビュンビュンとダンプが通過していくような状況でしたよ。

ねみーし
こえーし
初っ端からこんな日本百景アリかよと思いながら撮影していました。

でもやっぱり軽く朝靄のかかった裾花ダムなんていうのは素敵なものです。
ダム湖の幅が狭くて、両側の山肌が迫っている感じがちょっぴり魅力。

ちなみにもう少し進むと「奥裾花渓谷」なんて場所があって、
そこはまた違った趣の裾花川を楽しむことが出来るようです。
観光地としても整備されているらしいので、
奥裾花を到達地点にしても良かったのですが…。
一応日本百景リストには「奥」という文字がなかったので、
この裾花ダム一帯の風景を「裾花峡」として撮影しました。

このあとは同じ国道をひたすら進み白馬へと抜けていきます。
途中から先行にも後続にも対向にも車がいないという寂しいドライブになりましたとさ。

続く。

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

大きな地図で見る

撮影場所:裾花大橋(国道406号線)
駐車場:なし。バス停付近に1台分程度のスペース有り。バスのダイヤに注意。
備考:歩道がなく、危険。観光には適していない。ドライブがてら車窓から楽しむには最適。
■□■□■□■□■□

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

↓ついでにこちらも
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/6-3661c6dd










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。