スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

霞ヶ浦(日本百景no.19)

突然ですが、前枠で話していた行程ではまず利根川に行くハズでした。
で。
なぜ利根川をスルーして霞ヶ浦が1発目なのか、ということ。
ここ重要です。テストには出ませんが。

東京から茨城へ向かう際には必ず渡ることになる利根川さん。
私もハナからそのつもりでいたのです。
わざわざ常磐道の柏ICで降りて、利根川の河川敷まで行きましたよ。
でも…そこに川がない…。
なんでかというと、あまりにも河川敷が広すぎて川が遠すぎるのです。
水の流れも見えていないのに「利根川到着!!」とは言えず…。
そんなこんなで残念ながらロケ地選択失敗。
茨城からまた千葉へ戻る際に改めて利根川撮影にチャレンジとなりましたとさ。
めでたしめでたし…か?

そんなこんなで早速行程が狂ってしまった為、前倒しで霞ヶ浦へ向かいます。
途中に寄った牛久大仏は同行者の強い希望で行程に盛り込んだのですが、
前倒ししたせいで開園時間前に着いちゃうし毎度ながら曇ってるし…でもう散々。
あぁ同行者のチン氏、申し訳ない…。
そしてバタバタしながら駆け込んだ霞ヶ浦が結果的に今回のラウンド最初の到着地ということに。

霞ヶ浦はとりあえず巨大で、湖沼の面積としては琵琶湖に次いで国内2番目の広さ。
砂州によって海と隔てられた淡水湖ですが、数十年前までは海水の流入も確認された汽水湖だったようです。
東京からの通勤圏内に入るほど近場の地理的名所ですが、
正直「ここってわざわざ行くところ?」と思っていたのもまた事実。
それでも第一次観光ブーム以前は手頃な観光地として人気を博していたのだそうですよ。
付近は果てしなく低地の平野部なので、遠く筑波山が望める水郷としての日本百景エントリーですね。

それではご覧ください。日本百景の霞ヶ浦です。


http://www.youtube.com/watch?v=uh7WYR_SZ9M

はい、では解説を。
先に断っておきますが、相変わらず曇っていて景観云々を偉そうに語ることはできません。畜生。
で。
向かったのは霞ヶ浦の西端部分?にある霞ヶ浦総合公園です。
いきなりどデカい風車が現れてワクワクさせられる魅惑の湖畔スポットでして、
他にも水車やら鉄琴やら湿地帯やらがドカドカ並んでいます。
当然、のどか。
まぁ平日で誰も居なかったため好き放題遊び倒しましたが、
休日でも大して変わらないかもなぁ…と思えてしまう少し活気の感じられない公園です。
ただ風車の上から眺める霞ヶ浦は晴れていれば一見の価値アリですよ、きっと。

んー、映像がつまらないせいか他に解説すべきポイントがない…。
また性懲りもなくベラベラとナレーションを入れちゃいましたが、
改めて聞いてみると大したこと言っていないですね、これ。
もっと有益な情報をナレーションすべきだよなぁ…とちょっと反省。
今後の撮影時は意識して直すようにします。はい。

という訳で千葉・茨城ラウンド1発目からグダグダな展開ですが、
どうか最後までお楽しみくださいませ。
次回は…筑波山をご紹介です。乞うご期待?!

続く。

↓ポチッと押してやってください。
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

↓このblogの見どころを大解剖?!
blogram投票ボタン

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 千葉・茨城ラウ­ンド(日本­百景­+3­3巡り) ‎ を表示
撮影場所:霞ヶ浦総合公園
駐車場:有り。無料。
備考:何故か鶏が2羽ほど放し飼いにされていたりするので注意。
■□■□■□■□■□

↓「@r_uem blogみたよー」とつぶやいてみてください。フォローします♪
r_uemをフォローしましょう

↓拍手もご一緒にいかがですか?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/23 18:38 ] 第7旅 千葉・茨城ラウンド | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/68-08802d08










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。