スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姨捨 (日本百景no.41)

白馬から今度は姨捨へ。
ナビは県道をチョイスしたので半信半疑だったのですが、非常に頼もしい道でした。
帰って調べてみたら県道31号と県道33号が長野とのメインルートだったらしいことが判明。
県道と侮るなかれ。
比べて先の国道406号たるや…。

てな訳で意外な時間短縮が出来たため、道の駅に何度も寄ってしまいました。
長野県には道の駅がたくさんあるのです。
寄り道しながらのらりくらりと姨捨へ。
それでは映像をどうぞ。


http://www.youtube.com/watch?v=UUr7_yuPAFw


まず道の駅からコメントしますね。
えーっと、寄ったのは美麻とおがわと中条の3つです。
美麻は開店前だったのかホラーな佇まいだったのでトイレ休憩だけしてすぐに退散。
おがわでは店員(?)のおばぁちゃんがちょうどコロッケを揚げていたので、お話ついでに幾つか購入。
中条は何故か大混雑の中、大プッシュされていたおやきとにらせんべいを購入。
…とまぁ朝食気分で食べまくりました。

ちなみに同行者のナス氏。
なすのおやきが色々と予想外だったらしく、勢いよく一口かじったのち、悶絶。

「今までのなすの概念を覆すシロモノだった」

とのことで、なすおやきの看板を見つけるや「怖い、なす怖い」と怯える始末。
あまりに印象的だったので氏の仮称を「ナス」に決めました。

そんなこんなで姨捨です。
日本百景リストには「姥捨」となっていますが、google大先生によるとそんな観光地はない様子。
どう考えても「姨捨」がそれに適している箇所であろうと判断し、姨捨にした次第です。
ふもとの棚田が圧巻で、その美しさが「田毎の月」として有名ですね。

かつて18切符で旅をした際に一度ここを車窓から眺めていまして、
あらためてゆっくり見たいと思っていた場所でもあります。
本当、再来できてよかったです。

ところでこの駅、当然ながら山の上の方にありまして。
下の道から駅までスゴイ急な坂をウネウネと上がっていきます。
まぁ大変な道でした。

さて、駅から少し下ったところにあるお蕎麦屋さん「楽月庵」でお昼。
さっきまで「朝食」と称してむしゃむしゃ食いまくっていたばかりなのに。
そばってこんなに美味しいモンなんだぁ…と脱帽。
本当に本当に美味でした。

満腹になったらさぁ出発。
次は清里に向かいます。

続く。

■□■□■□■□■□
↓撮影場所はこちら↓

より大きな地図で 長野・山梨ラウンド(日本百景+33巡り) を表示

撮影場所:姨捨駅ホーム
駐車場:少し離れた場所に2~3台程度のスペース有り(一応駐車場らしい)。無料。
備考:駅前はただの一本道なので、駐車できません。バス注意。
■□■□■□■□■□

↓ポチッと押してやってください
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

↓ついでにこちらも
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabilog133.blog134.fc2.com/tb.php/8-58f796d6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。